トップページ > イングリッシュワールドまとめ > 仕事 > 英語の自己紹介~ビジネスシーンですぐに使える基本のフレーズや例文~

イングリッシュワールドまとめ

仕事

英語の自己紹介~ビジネスシーンですぐに使える基本のフレーズや例文~

海外出張や英語でのミーティング・商談の際に、「英語で自己紹介をしたい」と考えている人も多いでしょう。たとえ通訳を介したやり取りであっても、挨拶や自己紹介を自分自身の言葉で行うことで、より誠実な印象を与えることができます。

この記事では、ビジネスの場で使える英語の自己紹介のフレーズや、気をつけるべきポイントについて紹介します。

ビジネスの場で使える英語の自己紹介~基本編~

握手

まずは、ビジネスシーンで使える英語表現について見てみましょう。英語に自信のない方は、ここで紹介するフレーズを丸暗記してしまうのも一つの手です。スラスラ暗唱できるくらいに自己紹介を練習しておくことで、実際の会議の場でも自信を持って話せるようになるでしょう。

1、名前を伝える

日本語で自己紹介する際と同じように、まずは相手に自分の名前を伝えます。ただし、外国人にとっては日本人の名前は耳慣れず、一度で聞き取ってもらえないこともあります。そのため、呼びやすいニックネームを添えてあげても良いでしょう。

例文:

・Hello, I’m Akira Sato. Please call me Aki.

(こんにちは、サトウアキラです。アキと呼んでください)

・ My name is Yurina Sasaki. Everyone calls me “Yuri”.

(ササキユリナです。皆にユリと呼ばれています。) 

ちなみに、 “I’m 〜” と  “My name is〜” は、シーンによって使い分けることができます。“I’m 〜” は 雑談などのカジュアルな場面で、“My name is〜” は商談など、よりフォーマルな場で使用するのに適しています。

「 “My name is〜” は古い表現で堅苦しく聞こえる」という意見を耳にしたことがある人もいるかもしれません。しかし、特にビジネスシーンでは “My name is〜” というフレーズは、今でも頻繁に使用されています。

2、部署や担当業務の説明

ビジネスの場での自己紹介では、名前に続いて、社名や部署、担当業務などを続けることが多いです。

社名を伝えたい場合は名前の後に “from +会社名” で表すことができます。部署を伝える場合は、”I work in+部署名”、役職や担当を伝える場合は “I’m +役職” や  “I’m in charge of +担当”  というフレーズを覚えておくと役に立ちます。

例文:

・I’m Ken Ito from ABC corpration.

(ABCコーポレーションのイトウケンです。)

・I work in the Marketing Department.

(マーケティング部で働いています。)

・I’m the Marketing Department manager.

(マーケティング部の部長です。)

・I’m in charge of the marketing of this service.

(このサービスのマーケティングを担当しています。)

3、その他、使える一言メッセージ

日本語では、自己紹介の最後には「よろしくお願いします」などの言葉を添えることが一般的ですよね。しかし、「よろしくお願いします」を英語に直訳することは難しいと言われています。

「よろしくお願いします」に代わって、英語ではシチュエーションに応じて次のようなフレーズが添えられることが多いです。

例文:

“Nice to meet you.” ー ”Nice to meet you too.”

(お会いできてうれしいです。 ー こちらこそ。)

Thank you very much for your time today.

今日はお時間をいただき、ありがとうございます。

・That’s it. Thank you very much. 

(以上です。聞いてくれてありがとうございます。)

・Feel free to talk to me anytime. 

(いつでも気軽に話しかけてください。)

自己紹介の例文

それでは、上で紹介したフレーズを使った具体的な例文について見てみましょう。ここで紹介する例文を、自分の名前や所属する会社、役職、担当に置き換えて、丸暗記しても良いでしょう。

“I’m Takashi Yamada from ABC corporation. Please call me Taka. I’m the Development Department manager and in charge of  development of XX service.“

(ABCコーポレーションのヤマダタカシです。タカと呼んでください。私はマーケティング部のマネージャーで、XXサービスのマーケティングを担当しています。)

“My Name is Ayane Tanaka and I’m a marketer of ABC corporation.Thank you very much for your time today.“

(ABCコーポレーションでマーケターを担当しているタナカアヤネです。本日はお時間をいただき、ありがとうございます。)

自己紹介で注意したい3つのポイント

チェックポイント

外国人相手に英語で自己紹介を行う際には、相手が異なる文化背景を持っているということを意識する必要があります。海外の文化やマナーを知っておくことで、初対面でも相手に信頼してもらいやすくなるでしょう。

ここからは、英語での自己紹介の際に気をつけたい、3つのポイントについて紹介します。

①握手をする

1つ目のポイントは、自己紹介の際に握手をすることです。

特に、プレゼンやミーティングなどでの複数人に向けての自己紹介ではなく、一対一もしくは少人数で自己紹介を行う場合は、積極的に握手をするようにしましょう。日本ではあまり握手する習慣はありませんが、海外では第一印象を決める大事なマナーとなります。

また、握手をする際にはアイコンタクトと笑顔を忘れずに意識することも大切です。アイコンタクトについても、日本では欧米に比べてあまり馴染みのない文化かもしれません。しかし、特に欧米では相手の目をしっかりと見つめるのは、相手の話をしっかりと聞いていること、相手に関心があることを示す大切なマナーです。

握手やアイコンタクトは、慣れないうちは照れ臭く感じることもあるかもしれません。しかし、どれも海外のビジネスシーンでは重要な礼儀です。日頃から意識して、習慣づけておきましょう。

②長さは1分程度で簡潔に伝える

2つ目のポイントは、自己紹介の長さを1分程度に収めることです。

特にビジネスシーンでは、自己紹介は簡潔に、必要な情報を相手に伝えることが大切です。大人数が参加するミーティングなどでは、10〜20秒など、より端的にまとめることが求められる場合もあるでしょう。

英語に自信がない場合は、事前に短い自己紹介の例文を作り、何度か練習しておくことをおすすめします。何度も繰り返して口に出すことで、実際の自己紹介の場面でも、自信を持って話せるようになります。

③話し方はゆっくり・はっきり

3つ目のポイントは、ゆっくり、はっきり話すことです。

普段から英語を話し慣れていない場合、実際に外国人相手に英語で自己紹介をするとなると、緊張して声が小さく、早口になってしまうこともあるかもしれません。しかしそれでは、相手に自分のことを伝えられないうえ、「自信がない人」とみなされてしまう恐れもあります。

特に商談などの場では、「この人は信用できそうだ」と感じてもらうことも大切です。そのためには、ゆっくり、はっきり、いつもよりやや大きな声で、堂々と自己紹介を行うことが有効です。そうすることで、相手に安心感を与えることもできます。

海外では堂々とした立ち振る舞いは好印象を持たれやすいため、たとえ英語力に自信がなくてもはっきり喋るよう心がけましょう。

基本ができたら雑談(スモールトーク)でより打ち解けよう~中・上級編~

雑談

自己紹介を英語で言えるようになったら、次は雑談(スモールトーク)の練習もしてみましょう。初対面同士の場では、自分も相手も緊張してしまいがちです。相手との距離を縮めたり、場の雰囲気を和らげたりしたい場合には、自己紹介の後に簡単な会話をしてみましょう。

ここからは、海外での雑談におけるおすすめの話題と、避けるべきテーマを紹介します。

雑談(スモールトーク)に適した内容

ビジネスシーンでの雑談(スモールトーク)の話題として代表的なのは、天候やニュースに関する話題です。日本語でも「雨がすごいですね」「寒い日が続きますね」などの会話から世間話が始まることが多いですよね。英語でも同様に、天気についての話題は無難で好まれています。

また、その場に異国からの出張者がいる場合は、食事や滞在先についての話題も良いでしょう。自身が出張者として海外に赴いている場合は、現地のおすすめのレストランや人気のお土産を教えてもらうことができます。反対に、相手が異国から来ている場合は、母国の天気や食事、日本との違いなどについて聞いてみるのも良いかもしれませんね。

雑談(スモールトーク)で避けるべき内容

続いては、ビジネスシーンでは避けるべき話題についてです。第一に、相手や第三者の外見や体型、年齢についての話題です。これは日本においてもタブーとされる話題ですよね。たとえ相手を褒める意図で言った発言だったとしても、失礼だと捉えられる場合もあります。容姿などについて言及するのは控えましょう。

また、ビジネスの場では政治や宗教についての話題も避けるべきとされています。日本人は政治・宗教について明確なポリシーや信仰を持っている人は少ないかもしれません。しかし、海外ではそうではありません。政治や宗教の話題を出すと、思わぬ議論に発展してしまう場合もあるのです。

まとめ

ここまで、ビジネスシーンにおける英語での自己紹介のポイントについて解説してきました。英語での自己紹介では、難しい言葉を使ったり、流暢に長く話したりする必要はありません。むしろ、シンプルに自分の名前や役職、役割をまとめて伝える方が好まれます。

また、ビジネスの場では自己紹介を通じて、「信頼できる人物である」ことを伝えることも大切です。この記事を参考に、はっきり、堂々と英語で自己紹介ができるように練習を重ねてみてください。

大人会話コースで「すぐに使える英語」を身につけませんか?

english

英語での自己紹介を練習している方の中には、「自分の英語が実際に通じるか、外国人相手に練習してみたい」「英語でのスモールトークをうまく続けられるか不安」という方もいますよね。そのような方にはイングリッシュワールドの「大人会話コース」がおすすめです。

イングリッシュワールドは、初心者から経験者まで、レベルに応じたクラスで生きた英語を学べる英会話教室です。「大人会話コース」では、ネイティブ講師による少人数のグループレッスンで、自分が必要としているスキルをピンポイントで効率的に習得することができます。レッスンでは、フリートークや季節に合わせたトピック、世界のニュースなどをテーマに英語で会話します。これは、ビジネスシーンでの雑談の練習にもぴったりです。

話しやすい雰囲気の中でネイティブと英会話の練習をしたい方、英語でのスモールトークの幅を広げたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

体験レッスン受付中 お問い合わせはこちら体験レッスン受付中 お問い合わせはこちら